吾妻鏡 前篇 PDF+EPUB+MOBI电子书下载

出版社:吉川弘文館

副标题:国史大系第三十二巻

译者:黒板 勝美

出版年:2000/3

丛书:新訂増補 国史大系

ISBN:9784642003353

作者简介

政治战的源头是士兵(1180),继承了寿勇的混乱,继承了寿勇的混乱,建立了镰仓幕府,继承了寿勇的混乱,建立了镰仓幕府,继承了山村的混乱,继承了山村的混乱。1313世纪半叶,父权亲王、亲王、亲王、亲王、亲王、国王、北京[1242](1266)年,军事世家政治、社会活动、社会运动、社会运动,历代将领、将领、将领,一代将领山库拉。日记的形式描述了中国人的性格。英语。(注释)

かつては鎌倉幕府の公式日記と考えられたこともあるが、おそらくは北条氏(金沢家)や安達氏など幕府内部の有力者が、幕府・御家人の記録をはじめ、公家や寺社の文書も参照し、鎌倉末期に編纂したものと考えられている。

后世的军事将领12317在1605年(10年庆典)被他的著名大师们收藏,并以“我妻子的镜子”(51,傅坚版本)的活字出版。《嘉康正传》和《幕府云正传》指的是《嘉康正传》。

内容摘要

日記類の史料中重要の地位を占むる所以は、單に其當時史料たるにあり、詳言すれば事實が其出來せし日に記載せらるゝを以てなり、出處分明といふが如きは必しも日記類の特長にはあらず、此點に於ける價値は日記者の觀察力の明否と、其公平と否と、及び 其記述せる事實に對して日記者の位置如何、即出來せる事實と其記述との間に横はるべき外圍的媒介の性質によるものにして、事實が未確然たる認定を經ざる間に發生する日々の風説が、往々日記に上り得ることを思へば、此點に於ては、日記は却りて危險な る史料たることもなきにあらず、されば日記の史的價値は主として記憶なる者は時を經過すること長きに從ひて次第に精確なる再現を得ばき能力を失ふべしとの原理に基づくものにして、苟も日記にして其日記たるの性質を失ひて追記の性質を帶ぶるに至らば 、其史料としての價値が減殺せらるゝ所あるべきは至當の事なり、彼武家時代に於ける公卿縉紳の徒に王朝の盛時を顧み醉生夢死し、當時の天下の大勢に至りては[心((夢−夕)/目)]然として知るなきの輩多きも、而かも其日記が相應に史的價値を有す 从到,它也更喜欢

PDF下载 EPUB下载 MOBI下载